育毛専門

円形脱毛症

これまで円形脱毛症はストレスが原因ではないかと考えられてきました。最近では、毛根部の白血球が毛母細胞を攻撃することがわかり、一種の自己免疫疾患との考えが一般的です。もちろんストレスが誘因になることが多く、なんらかのストレスのために自己免疫疾患が活動しだすものと思われます。

円形脱毛症の脱毛のしかたはいわゆる男性型脱毛症のように徐々にではなく、急激にある一定範囲の毛が円形あるいは全てが一度に抜けるわけです。この機序としてアポトーシス(細胞の自殺)が作動していることが指摘されています。

近年、アポトーシスの作動する機序にカスパーゼ酵素の増大を惹き起こすTGF-βの関連が判明しており、そのことから、TGF-βを強力にブロックする薬用ヒビンは円形脱毛症にも効く可能性が考えられます。

クリニック及び併設サロンなどでの薬用ヒビンを中心とした施術をこれまで実施してきましたが、予想通りみごとな効果が出ています。

下記に症例を提示しますが、この他にも単発~複数個の円形脱毛症はほぼ100%近くが著効を示しました。

AGA

一般的に使用される男性型脱毛症の治療薬は緑色の塩化カルプロニウム(フロジン液)の外用薬ぐらいで どこのお医者さんにかかってもまず出されるのがこれだと思われます。

脂漏が強くフケが多い時には脂漏性皮膚炎としての治療を行います。円形脱毛症の治療もセファランチンや抗アレルギー薬などの経口薬や、外用では先程のフロジン液などです。又、重症例にはステロイドパルス療法、ステロイド内服療法などがあります。

一部の病院ではPUVA療法やアレルギー接触性皮膚炎をおこさせる局所免疫療法などがありますが、どれもカゲキな割には思ったほどの効果が得られず、副作用に苦しむことが多いのが現状です。

近年、飲む育毛剤としてプロペシアが登場し、皮膚科のクリニックで処方されるようになり効果をあげています。

当クリニックでもプロペシアを処方しています。 さらに、当クリニック院長の開発した薬用ヒビン、頭皮洗浄システムを用い、独自の発毛外来を展開しています。

施術内容

頭皮洗浄システム

当クリニックでは独自のオイルクレンジングを用いる事でこれまでとまったく異なる頭皮洗浄システムを開発いたしました。

拡大スコープでみるとスッキリ毛穴がきれいに洗浄されていることが観察されます。薬用ヒビンやイオン導入と同時に行うことでさらに効果は高まります。

男性型脱毛症や女性の薄毛の方にはヘッドスパを受けながら最高の育毛が提供できます。

コスメ

薬用ヒビン・ラ・シオンヌエッセンス

薬用ヒビン(医薬部外品)とは、当医院理事長である日置医学博士が提唱する『新育毛理論』をもとに開発された、日本で初めての脱毛因子をブロックする目的で作られた育毛剤です。さらに当クリニックではイオン導入器を用い、育毛剤のイオン導入をはかっております。

詳しくはこちら

フィナステリド(プロペシア)

プロペシア(一般名:フィナステリド)は、男性ホルモン性脱毛症治療のための初のそして唯一の経口薬で、頭頂および前方中心部(おでこの上)の男性型脱毛症治療のために開発されました。プロペシアは、多くの男性の毛髪数の維持や増加に効果があると証明されています。又、プロペシアは男性専用の脱毛治療薬です。尚、市販薬ではないので入手には医師の処方箋が必ず必要となります。

これもクリニック及び提供サロンでの薬用ヒビンを中心とした施術を併用する事でこれまでにない効果を上げています。

AGA・円形脱毛症治療例

AGA症例 No.1

5名の50歳代男性。0.25%CG-MTDローション(現薬用ヒビン)を1回1ml、1日2回塗布したところ、本人の申告により1名が6日で顕著な脱毛本数減少を認めた。

他の4名も同じく本人の申告により1~2週間で洗髪時の抜け毛本数の減少あるいは起床時の枕カバーやシーツに着いた抜け毛の本数減少を認めた。いずれも同ローションの使用を継続中であり、3ヶ月経過時点で産毛の発生および硬毛の成長を報告している。ただしこれらに関しては、同ローション使用に伴い、従来実施していなかった頭皮頭髪の詳細な観察が開始された結果、元々あった産毛を単に確認しただけの可能性もあり、CG-MTDの育毛効果によるものとの判断はできない。硬毛の成長促進についても同様に、同ローションへの期待感が抱かせた錯覚の可能性も否定できない。CG-MTDの予想される作用メカニズムから考えて、ヘアサイクルが正常化し、頭髪が回復するには現在の脱毛状態に至った時間と同程度の時間が必要と考えられるので、有効性の判定には更に時間を要すると考えられる。

AGA症例 No.2

44歳の男性。軽度の男性型脱毛症に対し硫酸ミノキシジル外用製剤(米国製)を使用したところ、使用開始から1週間以内に脱毛本数の増加を認めたため使用を中止した。その3ヶ月後に0.15%CG-MTDローション(現薬用ヒビン)を1回2ml、1日2回塗布したところ、脱毛本数が約1週間で減少した。使用を継続し、4ヶ月経過時点で副作用は認められず、経過観察中である。元々軽度の脱毛症でもあり、進行停止状態が持続しているので頭髪維持は可能と期待される。

AGA症例 No.3

34歳の男性。前額部がやや後退した、いわゆるM字型の脱毛症である。0.15%CG-MTDローション(現薬用ヒビン)を1回2ml、1日2回塗布したが、脱毛本数には特に変化が認められなかった。しかし本人の希望により同ローションの使用を継続したところ、2ヶ月目に行きつけの理髪店で頭髪の成長が早くなっているとの指摘を受けた。本人も頭髪の成長が速くなっているとの感触を同ローション使用1ヶ月経過時点から持っていたという。CG-MTDの硬毛成長速度増加作用が期待されたため、他の使用者を調査したところ、3例が理髪店で頭髪成長速度増加の指摘を受けていた。ただしこれらはあくまで理容師の感覚的評価であり、CG-MTDの硬毛成長促進については更に慎重に観察を続ける必要がある。仮に頭髪の成長が同ローションによって促進されるとしたら、実際には促進ではなく、遅れていた成長速度が正常化したものと考えることもできる。これらに関しては理論的裏付けがなく、今後のCG-MTD開発上の重要な課題の一つである。

AGA症例 No.4

61歳の女性。脱毛に関連する基礎疾患等はない。初診時は頭皮が見えるほどの薄毛であったが(写真A)、0.15%CG-MTDローション(現薬用ヒビン)を1回2ml、1日2回塗布したところ、脱毛本数が減少し、11ヶ月目には頭髪が完全に回復した

円形脱毛症症例 No.1

10月頃より大量の抜け毛が出現、12月始めに側頭部後頭部など周囲を残してほぼ完全な脱毛症となる。
その間市販の育毛剤を使用すると効果なく12月中旬に当クリニックを受診する。
セファラチン内服と塩化カルプロニウムローションにて約1ヵ月半、経過を見ると全頭型の円形脱毛症へと進展する。

【当クリニックの育毛シリーズでの治療開始】
開始後約1ヶ月後、一部に産毛が出現。 2ヶ月目にはほぼ全頭にわたって産毛が観察された。
その後産毛は軟毛へと成長。治療開始から5ヵ月後、柔らかい軟毛だが、かつらをはずすことが可能になった。

円形脱毛症症例 No.2

薬用ヒビン+イオン導入を4ヶ月続けて完全に回復しました。
最初は毛穴もまったく確認できない状態でしたが、一ヶ月経過したころから毛穴が確認されました。
毛穴が確認できないほとんどの円形脱毛症は育毛剤を浸透させることが困難なため、イオン導入という手法を用いました。 薬用ヒビンは有効成分がイオン化されているために、他の育毛剤に比べて浸透しやすく、効果があります。

円形脱毛症症例 No.3

他クリニックにて円形脱毛症の治療を受けるが効果はなく、3ヵ月後には頭髪は正常時の3分の1になる。
そして、当院にて受診し治療を開始後3ヵ月後ほぼ完全に回復しました。

今年2月より当クリニックに来院。薬用ヒビン+イオン導入を3ヶ月半続けて円形脱毛症は完全に回復しました。

円形脱毛症症例 No.4

大きい2つの円形脱毛症が融合してきたタイプにも、4カ月で症状が見受けられなくなる程回復しました。

円形脱毛症症例 No.5

一度もの治ったことのない十年来の多発型円形脱毛症にも効果があり、半年後には完全に回復しました。

円形脱毛症症例 No.6

治療開始より3カ月後、左記の多発型円形脱毛症がほぼ完全に生えそろいました。

円形脱毛症症例 No.7
治療開始前 前頭部 治療開始前 後頭部

治療開始より3カ月後、ほぼ完全に生えそろいました。